Hirofumi Kera - 計良 宏文

Hirofumi Kera 計良 宏文

資生堂トップヘアメイクアップアーティスト

豊かな表現力と圧倒的な完成度で、多くのトップクリエイターから支持されるアーティスト。ヘアメイクの概念を刷新する活動で日本初・公立美術館での個展開催も

Official Account

Fashion

Advertising

Editorial

Other

埼玉県立近代美術館にて個展「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」開催(2019/7/6-9/1)

Who is Hirofumi Kera?

多彩な髪の質感を生み出すヘア技術に定評があり、ファッション誌をはじめ、ニューヨークやパリ、東京でのコレクションや、ミュージシャンのアートワーク、セミナー講師やヘアショーなどマルチにこなし、ナチュラルから独創的なデザインまで対応。

日本を代表する現代美術家である森村泰昌氏をはじめ、写真家・華道家の勅使河原城一氏、文楽人形遣い・勘緑氏など、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションも展開。2019年には、日本のヘアメイクアップアーティストとして初めて公立美術館での個展を行い「ヘアメイクの文化的価値を高めた」などとメディアなどで紹介され話題となる。

資生堂では長年「TSUBAKI」を担当。「枠にとらわれず、いろいろな方と一緒に新しい事をやっていきたい」と語る。

1992年入社、資生堂トップヘアメイクアップアーティスト。資生堂美容技術専門学校卒業。インターコワフュール・ジャパン理事、日本ヘアデザイン協会(NHDK)ニューヘアモード創作設定副委員長、資生堂学園テクニカル・ダイレクター、一般社団法人ジャパン・ビューティーメソッド協会 上級認定講師。

雑誌

VOGUE / Commons&sense / GINZA / SPUR / VOCE / 装苑 / FRAU / HARPER‘S BAZAAR / HAIRMODE / SHINBIYO / BOB / Hyakunichiso / 花椿 ほか

作品展

2013年 アルファロメオ「I AM GIULIETTA.THE DRIVE ART EXHIBITION」(東京・青山)

2016年 写真展「計良宏文 x 勅使河原城一 Flowers わたしを咲かせなさい」(東京・渋谷ヒカリエ 8/CUBE1,2,3)

2017年 “Mangasia: Wonderlands of Asian Comics” curated by Paul Gravett and developed by The Barbican Centre(2022年まで展示用作品貸し出し中)

2019年  「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」(埼玉県立近代美術館)

受賞歴

2000年 「ヘアモード」誌 年間ベスト・ヘア・スタイリスト賞

2009年 JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)グランプリ受賞

2013年 Intercoiffure ナイト褒章受賞

経歴・実績を見る