2019.7.9 OTHER 計良 宏文 【計良展情報 Part3】「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」展、見どころのご紹介! (7/6~9/1)

埼玉県立近代美術館にて、資生堂トップヘアメイクアップアーティスト 計良宏文の個展「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」が始まりました! (9月1日まで開催)展覧会の見どころをご紹介します。

展覧会の見どころ

ファッションとヘアメイク

パリコレクションや東京コレクションなどのファッションショーのバックステージや、シーズンルックやカタログなどのヘアメイクを通じて、計良は数多くのブランドの表現を支えてきました。計良が携わった国内外の数多くのブランドから ANREALAGE 、 SOMARTA 、 MIKIO SAKABE 、 writtenafterwards 、LIMI feu の5ブランドとの仕事を、ウィッグやヘッドピース、制作時の資料類を加えて紹介。ヘアメイクの視点からファッションの現在を考える機会となります 。

計良宏文+坂部三樹郎氏による新作映像インスタレーション

展覧会の中心となるのが、ファッションデザイナー・坂部三樹郎氏とのコラボレーションによる本展のための新作映像インスタレーション《 FACE 》。計良がヘアメイクを、坂部氏が衣裳のスタイリングを担当し、「ひとりの女性の顔が、ヘアメイクの力で多彩な女性像に変化するさま」を約40台のディスプレイで表現。自由な創造力と卓越した技術によって、ヘアメイクの力と可能性が示されます 。

多彩なコラボレーションの全貌を紹介

2013年に開催された「森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」(資生堂ギャラリー)のための新作において、 計良は 森村作品のヘアメイクを初めて担当しました。作家のイメージを具現化する高い技術は森村氏の信頼を得て、これ以降《自画像の美術史》シリーズなどで森村作品への参加を続けています。また、文楽人形のかしら(頭部)を制作し、人形遣い・勘緑氏の公演に提供したり、華道家・写真家の勅使河原城一 氏 とともに「花」を題材とした共作に取り組んだりと、さまざまなジャンルのクリエイターとの協働により、ヘアメイクの概念を刷新する活動を展開しています。


プレス内覧会/オープニングレセプション

プレス内覧会および、オープニングレセプションに多くの方にお越しいただきました。
実際に見ていただいた方からは、写真では伝わらない迫力があるとのこと。
会期中、計良のクリエイションにふれるイベントも予定していますので、ぜひ会場までお越しください!

イベント情報

7月12日(金)トークライブ 計良宏文×髙崎卓馬 計良宏文×髙崎卓馬(電通エグゼクティブ・クリエイティブディレクター)
14:30~16:00(開場14:00)/2階講堂/定員:80名(当日先着順)/料金:無料
7月15日(月・祝)ヘアメイクライブ【整理券制】 展示室内に設置したステージで計良がヘアメイクアップを実演。
11:00~11:30 ・ 15:00~15:30の2回開催/2階企画展示室/
定員:50名(開始時刻の1時間前から1階受付で整理券を配布)/料金:企画展観覧料が必要。
7月20日(土)計良宏文滞在制作 内容:展示室内で計良が文楽人形のかしら(頭部)を制作。
10:00~17:00
料金:企画展観覧料が必要。
8月3日(土)ギャラリーツアー 計良と担当学芸員によるギャラリートーク。
15:00~16:00/2階企画展示室/料金:企画展観覧料が必要。
8月6日(火)ヘアメイクライブ【整理券制】 展示室内に設置したステージで計良がヘアメイクアップを実演。
11:00~11:30 ・ 15:00~15:30の2回開催/2階企画展示室/
定員:50名(開始時刻の1時間前から1階受付で整理券を配布)/料金:企画展観覧料が必要。
8月18日(日)トークライブ 計良宏文×坂部三樹郎 計良宏文×坂部三樹郎(MIKIO SAKABE デザイナー)
14:30~16:00(開場14:00)/2階講堂/定員:80名(当日先着順)/料金:無料

個展「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」概要はこちらから

計良宏文 プロフィール

計良宏文 Instagram