2016年秋冬のトレンドを解説 「ブライトリップ」が「なじみリップ」を逆転!

資生堂ビューティークリエーションセンター※1では、メークやヘアの未来のトレンドを予測する「ビューティートレンド研究※2」を行っています。その一環として、トレンドの最先端である東京、ニューヨーク、パリの3都市でメーキャップとヘアスタイルに関する街頭調査を年に2回(春夏季、秋冬季)実施しています。

今回は、2016年10月中旬~下旬に、東京の銀座・渋谷・原宿で20~30代の女性300人を対象として実施した街頭調査の結果をもとに、ビューティートレンド研究チームのヘア&メーキャップアーティストが「東京の街を歩く女性たちのヘア&メーキャップ傾向」を解説します。

2016年秋冬のメークトレンド

「なじみリップ」はもう古い!? 「ブライトリップ」が主流に

街頭調査で最も注目したいのは、リップの「色」。10年以上の間、口紅の定番だった「モデレート(なじみ色)リップ※3」を逆転し、ビビッド、ディープ系の「ブライトリップ」が主流になりました。ここ数年、赤やローズといった、はっきりとした色のリップを楽しむ人が増加傾向にあり、「ブライトリップ」の流行はトレンドに敏感な層から一般の層へと広がりつつあると考えられます。また、「ツヤをプラスする」「輪郭を指でぼかす」など、ブライトリップをより軽く楽しむ塗り方も浸透し、この傾向がトレンドとして定着してきていることがうかがえます。
※3 モデレート(なじみ色)リップ: ソフトで肌なじみのいいおだやかなカラーのリップ

「赤みのアイカラー」の流行でアイメーク復活へ

秋冬でもうひとつ特徴的だったのが、「赤みのアイカラー」です。昨年秋ごろから、アイメークを楽しみたい気分が高まりつつあります。アイメークの流れを振り返ると、2015年春夏が、アイメークをしない「底」の時期。そこから、少しずつ「薄盛り傾向」が見られるようになり、さらに一歩進んだ形が、今季の「赤みのアイカラー」と考えられます。太眉、赤リップと、ここ数年は眉とリップメークに女性たちは重点を置いてきました。それがひと段落した今、次はアイメークを楽しみたいという気分が高まっていると考えられます。

眉は「丸みアーチ」「ナチュラルな太さ」にシフト

ここ数年ブームを起こした太眉は、引き続き収束傾向。流行だった「直線眉」「下がり眉」の名残は存在するものの、流れは自然な丸み、自然な太さの「ナチュラルなアーチ眉」へと移行しています。テレビドラマや雑誌に登場する憧れの女優やモデルの眉を真似している女性も多く見受けられました。

目の下チークは引き続き減少へ

太眉とともに減少しているのが「愛され」「色っぽい」といったワードの象徴だった「目の下チーク」。先シーズンからの減少傾向は継続していて、現在は頬骨のラインに自然にぼかすナチュラルなチークが主流となっています。

「何か盛りたい! 楽しみたい!」が今の気分

ここ数年、ファッションの世界では、ハイウエスト、ダンガリーシャツなどのデニム素材、スニーカーなど80年代、90年代に流行ったものがブームになりました。バブル期を知らない若い層には、この時代の「盛り」感覚が新鮮。それに合わせ、メークも「何か盛りたい! 楽しみたい!」というムードが高まっていると考えられます。「軽さ」「エフォートレス」を経験した彼女たちにとっての「盛り」は、抜け感、こなれ感が重要。この傾向が、今季は「兆し」として表れていたのが特徴的でした。

  • HAIR & MAKEUP ARTIST