卒園式では、泣いても大丈夫!先生方への感謝を表す「きちんと感」メーキャップ

眉と唇で上品な「きちんと感」を演出

シックなネイビーのジャケットに合わせ、メーキャップとヘアは落ち着いた印象に。ツヤと色を控えめにし、自然な血色と若々しい立体感のあるメーキャップに仕上げました。眉と唇をきちんと描くことで、大人の上品さが際立ちます。

目もと

アイシャドーはナチュラルなブラウン、ゴールド系。アイホール全体にぼかし、自然なつやと立体感を出します。アイラッシュカーラーでまつ毛を根元からしっかり上げるとぱっちりとした目元に見せるだけでなく、下まぶたにもつきにくいです。卒園(卒業)式では、泣いてしまうかも。涙に強いウォータープルーフのマスカラなら、下まぶたに塗布しても安心です。

【Make-Up Point①】 アイブロー

眉山から眉尻の描き方でいつもと違うきちんと感を
知的な印象に


眉の形(特に眉山・眉尻)をしっかり描くことで、洗練された知的な印象を与えることができます。いつもはパウダーで時短 メークをしているママに、晴れの日おすすめしたいのがペンシルタイプです。シャープなラインを描けるアイブローペンシルを使い、短いストロークで一本ずつ眉毛を加えるように、眉山から眉尻まで丁寧に描きましょう。眉頭ははっきり描くと強い印象になりやすいのでソフトなタッチで描き、優しい印象に仕上げ ます。

口もと

口紅は、落ち着いた中に明るさを感じさせるピンク系がおすすめです。上品に仕上げたい卒園(卒業)式メークには、グロスやパール感の強いものより、ツヤを抑えたマットなタイプが適しています。

【Make-Up Point②】 リップ

リップブラシで輪郭を描いて

「きちんと感」を演出するには、キュッとひきしまった口元を作るのがポイントです。リップブラシに口紅をとり、しっかり輪郭をとって塗りましょう。ブラシの縁を唇の輪郭に添わせるようにすると上手に塗れます。口角まで意識して塗るのがポイント。

YOSHIKO's Tips

いつもの口紅に「黒の口紅」を重ねて落ち着いた雰囲気に

いつも明るめのピンクを愛用している人におすすめなのが、重ねづけする黒の口紅。「黒を?!」とびっくりする人もいるかもしれませんが、実は明るい色の口紅の上から塗ると、シックな深い色になり、1本の口紅で違った印象を楽しめます。

おすすめアイテム

プレイリスト インスタントリップコンプリート グロッシーBKg23 (3月1日発売)

ヘア

感謝の気持ちを表したい卒園(卒業)式では、お辞儀する機会が多くなります。顔の周りはできるだけすっきりさせ、髪が落ちてこないようにしましょう。だからと言って、ただの一つ結びではちょっとさみしい印象になりがち。ロープ編みなら、顔周りのおくれ毛もしっかりまとめつつ、華やかさもプラスできます。

 【Styling Point】ロープ編みで華やかにまとめる

①サイドの髪を少しだけ残し、髪を後ろで1つに束ねます。残した髪は2つに分け、交差させるようにしてロープ編みに。

②編み進めながら、毛束の表面を少し引き出します。編み終わったら黒ゴムでとめ、後ろで束ねた部分に巻きつけて、ピンでとめます。

アーティスト

神宮司 芳子

SHISEIDO TOP HAIR & MAKE UP ARTIST

YOSHIKO JINGUJI 神宮司 芳子

資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト

2002年資生堂入社。
資生堂の宣伝広告のヘア&メークを中心に、コレクションなどでも多岐にわたり活動。資生堂美容室のテクニカルディレクターとしてサロンワークにも携わる。美容業界最高峰の賞であるJHA(ジャパンヘアドレッシングアワード)でグランプリを2回受賞。ヘア&メーキャップスクールSABFAやセミナー講師も務める。著書に、「anan特別編集 前髪ヘアカタログ 神宮司芳子のバングメソッド」(マガジンハウス)、「THE BANGS METHOD -バングとイメージの法則-」「神宮司芳子のデザインBOX」(ともに女性モード社)がある。1児の母。
Webサイト:
http://hma.shiseidogroup.jp/jinguji/

  • HAIR & MAKEUP ARTIST