親しみやすいカジュアルメイクで 包容力のあるやさしい先輩に!

時間のない朝、毎日、ばっちりメイクするのは難しいという方もいるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、大人の女性向けのカジュアルメイク。素顔のようにナチュラルですが、気になるところがきちんとカバーし、健康的な美しさに仕上がります。つくりすぎない軽めのメイクは、親しみやすく包容力のある女性を印象付けます。

軽めのメイクでも 年齢の出やすい部分をきちんと仕上げる

大人世代の女性に欲しいのは、健康的な明るい肌と、くっきりとした目もと。全体に軽めに仕上げるカジュアルメイクの際も、この2つの要素だけは、しっかり意識してください。この部分だけきちんとつくっておけば、薄化粧でもきちんとした印象になります。

眉:毛量の少ない部分を描き足しきちんと感を出す
目もと:マスカラで目もとをぱっちりさせる
チーク:血色感をプラスしていきいき明るいほおに
ベース:視線の集中する顔の中心部分のみ入念に

ベース

ほおの三角ゾーンを中心に パウダータイプのーションを

時間のないときは、手早く仕上げられるパウダータイプのファンデーションがおすすめ。目の下の三角ゾーンをていねいに、他の部分は軽く塗布すると、自然な立体感が出ます。

眉尻と毛量の足りない部分を ペンシルで描き足す

眉はきちんと感を左右するパーツ。自分の眉の形を活かしながら、まばらな部分や毛量の少ない眉尻にペンシルで描き足し、バランスのいい眉に整えましょう。ソフトなタッチで描くと失敗なく自然な眉を描けます。

目もと

根元からたっぷりマスカラをつけ ぱっちりとした輝く目もとに

目もとはマスカラでボリュームアップ。まつ毛の根元にマスカラブラシをあて、軽く押しながら左右に振ってマスカラをしっかり根元に塗布します。その後、毛先に向かって滑らせましょう。根元にしっかりマスカラをつけることで、アイライン効果が生まれ、くっきりとした目もとを演出できます。

チーク・リップ

肌なじみのいいカラーで 血色感をプラスして

チークカラーと口紅は、肌色から浮かずに血色感の高まる色を。肌なじみのいいピンク系、レッド系、オレンジ系がおすすめです。

おわりに

カジュアルメイクは、オフィスだけでなく休日のメイクにも使えます。時間をかけずに手早く仕上げることができるので、お出かけしない日の身だしなみとしても活用してください。

  • HAIR & MAKEUP ARTIST