会食やパーティではパーツを際立たせた 大人のエレガントメイクで華やかに

キャリアを重ねると、会食やパーティに招かれたり、セミナーや会合で登壇する機会も出てきます。人前に出るときは、メイクも少しボリュームアップ。目もと、口もとに華やかな要素をプラスし、遠目からも素敵に見えるエレガントメイクがおすすめです。

目もとと華やかなリップで 自信に満ちた表情に

エレガントメイクのポイントは、目もとと口もと。ラインとまつ毛を強調した目もとに仕上げることで知性と意欲が伝わり、明るいリップが女性らしい明るさを演出します。

目もと

強めのアイラインと目尻つけまつ毛で目力を強調

人前に出るときは、ふだんより大きく、輝く目もとを強調したいもの。有効なのは、アイラインとつけまつ毛です。アイラインは、ペンシルで描いた後、まつ毛の生え際にリキッドライナーを重ね使い。まつ毛の根元がきちんと埋まり、目もとがさらにはっきりします。さらに、目尻にのみつけまつ毛を。くっきりラインと切れ長まつ毛で、知性を感じさせる印象的な目もとが完成します。

ペンシルラインの下(まつ毛の生え際)に、まつ毛の根元を埋めるようにリキッドラインを引きます。

つけまつ毛は目尻1/3を目安に。描いたアイラインに重ねるようにし、やや外側につけると、上品な目もとになります。

リップ

コンシーラーで下唇の口角を引き上げれば 若々しい口もとに

キュッと引き上がった口角は、清潔感や若さを印象付けます。そこで、コンシーラーを使った口角アップのテクニックをご紹介します。肌色より少し明るめのコンシーラーを、下唇を引き上げるようにライン状にのせます。スーッと直線的に引くことにより、下がり気味だった口角がキュッとアップします。

華やかに見える口紅のカラー選び

エレガントメイクのときは、肌色と反対色の口紅を選ぶと、唇の存在感が増し、顔全体が華やかな印象になります。肌が黄みよりの方(オークル系のファンデーションの方)なら、青みがかったピンクやローズ系を、肌色が赤みよりの方(ピンク系のファンデーションの方)なら、やや黄みよりのオレンジやブラウン系がおすすめです。

おわりに

改まった席や晴れの日には、いつもよりメイクを華やかにする。それも、大人の女性としての大事な心遣いです。その場に合わせて服装やアクセサリーを変えるように、メイクもスタイルチェンジ! 遠目からも目をひく、上品な存在感を目指してください。

  • HAIR & MAKEUP ARTIST